第13代 関東安陵会会長 中川裕雄


 このたび、平成27年度関東安陵会総会において、会長を仰せつかった中川 裕雄です。

何卒よろしくお願いいたします。私自身会長職を担うことについては、全く想定外のことで、晴天の霹靂といっても過言ではありません。ただ今となっては、お引き受けをした以上、自分なりに精一杯、努めていきたいと考えております。

 関東安陵会に関わりを持つようになったのは、池田秀秋顧問が、会長に就任と同時に事務局メンバーとしてお手伝いをさせてもらって以来になります。幹事長の2年間を含め、たかだか、6年しか経験していない状況にあります。

 ただ、この間、後輩諸君等との総会の準備作業をはじめ、大高の選抜甲子園出場に伴っての応援バスツアーなどの準備作業に携わる機会を与えられるなど、貴重な経験をさせてもらいました。この中で、執行部をはじめ会員の母校への強い絆を身をもって感じた次第です。

 ところで関東安陵会が、発足して今年で68回目を迎えたわけですが、2年後には、70回という記念すべき時を迎えます。会員の親睦を図り、母校の発展に寄与するという任意の団体でありながら、50年をはるかに超える形で存続しているというのは、貴重であり、継続して維持していこうとするこれまでの先輩の熱い思いを改めて痛感している次第です。

 この6年間における関東安陵会の事務局体制もその基礎ができてきたような感じがしています。これも偏に会員をはじめ執行部の皆さんによるご理解とご協力の賜物だと思う。

 私自身まだまだ、未熟な面もあろうかと思いますが、諸先輩のお知恵を借りながら、関東安陵会の円滑な運営に「気張って」いこうと考えておりますので、改めて、会員の皆様に対し、私ども執行部への限りないご指導、ご鞭撻を引き続き賜りますようお願いする次第であります。簡単ですが、会長就任に当たってのごあいさつに代えさせていただきたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。


 

           Copyright © 関東安陵会 All Rights Reserved  (管理者)関東安陵会事務局広報委員会