安陵愛唱歌(応援歌)について

昨年(2004)6月、関東安陵会で大島信徳先生から安陵の愛唱歌(応援歌)等の歌詞の誤りの多さをご指摘頂き、さらに7月、先生がご来瀬の折にこの点について何かとご教示頂きましたがその内容は次の3点でした。         
       1.正しい歌詞と語義解釈        
       2.愛唱歌にまつわる挿話や歴史        
       3.埋没した応援歌の発掘        
安陵創立100周年記念誌に収録した中にも、二、三誤りがあることがわかり、地元の役員先輩諸兄とも計り、種々検討を重ねて参りましたが、何しろその殆どが大中初期の作で、我々も口伝えで教えられて永い年月を経っておりますことから、大島先生のご意向に十分沿えるものとなってはいませんが、本冊子を参考にしてご検討頂き、さらにご教示を頂ければ幸甚に存じます。         
         
旧制鹿児島県立大島中学校(大中)は大島農学校の発展的廃止に伴い大正5年(1916年)に設立されました。奄美群島唯一の旧制中学校大中は、小学校卒業生の僅か5%しか入学が許されない難関校で群島内の逸材の集まる狭き門でした。また遠隔地離島からの入学者は仕送りを受ける財力の裏付けも必要でた。         
こうした背景のもとに入学した先輩諸兄はそれぞれに強い自負心と誇りを待ち、当時ナンバースクール(一高~八高)と称された旧制高等学校を目指して切磋琢磨されました。         
その思いは七高をはじめ旧制高校の有名な寮歌・応援歌を元歌にして、安陵にふさわしい(元歌に見劣りしない)すばらしい多くの愛唱歌(応援歌)が作詞され、互いの向学心を鼓舞しました。         
その熱き思いはその後も脈々と後輩達に受け継がれています。         
         
この度の愛唱歌(応援歌)集の作成に当っては、多くの先輩諸兄のご教示とご協力を頂きましたが特に、母校大高で国語の教師をされた和眞一郎氏(大高44卒、故人)を中心に、1985年(昭和60年)に作成された愛唱歌集を同窓の築愛三氏から拝借して語義の解釈等の参考にしました。また安陵創立100周年の折、英国雄氏(大高13回卒)から日本寮歌集やCDの寄贈があり、さらに、楠田哲久氏(大高17回卒)がインターネットで、七高歌集を探して頂き、これらを参考に検索したことを申し添えます。         
         
なお、これを契機として本冊子がさらに充実され、卒業生諸兄や、各期の同窓会で愛唱して頂けることを願いたいと存じます。         
         
                                                                                                                  藤山萬太記 

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
            ※藤山萬太先生(安陵会顧問)は2014.5.9   ご逝去されました。
             謹んでご冥福をお祈りいたします。 
 

           Copyright © 関東安陵会 All Rights Reserved  (管理者)関東安陵会事務局広報委員会